このブログは、1年7ヶ月の沈黙を破って、
2013年12月から絶賛更新中の、4thブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな 』
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』 ← 今ここ。

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。

ZenFone5は良い子だ。

赤買った意味は...。

純正ではないがケースが届き、元々「赤」なのに「白」電話となった。
これもまた面白いものだ。

で、この子においてビックリさせられるのが「電池の持ち」。
余り派手に使わなかったら、1日経っても残量80%あるもんなぁ。
スマートフォンでこれは優秀過ぎるだろう。

しかし、一時期は全くもって電池が持たない子でもあった。
その時は1日経たない時点で残量17%で冷や汗をかいたものだ。

でも、プリインストールアプリで明らかに使わないものを無効化したり、
挙動が怪しいと思われるアプリをアンインストールしたら見事に回復。

私の場合、電子書籍を利用しないので、それ系統は無効化。
チャットアプリやFacebookなども無効化へと。
電池の持ちと同時に、容量の面でも良かったと思う。

アンインストールしたのは「高級タスクマネージャー」や
"Juice Defender"と言ったもの...ん? それは要るアプリでは!? 

でも実際のところ、本体にメモリ解放やキャッシュクリア機能がある。
そっちでほぼ対応できるので、要らないと言えば要らないアプリだ。
2つとも切って問題無い...と言うか、入れていたら問題だわ、これ。

ちなみに、常に起動している"050 plus"は電池食いではない様子。
通話自体、音の遅れがあるものの、問題なく使えている。

しかし、アプリは問題なく使えていても、そこに入る電話の中に
SEO対策の企業のものがあって、それが何を思ってか
こっちが電話を取った瞬間に切ると言う、訳が分からない事態も発生中。 

何がしたいんだか。

しかし、ZenFone5さんの「スマートフォン」としての機能は十分すぎる。
そうなると、冗談抜きでもう1台追加したい。

ガラケー(INFOBAR2)に見切りを付けて、音声通話SIM入れようか。
そこに通話アプリを入れれば、無料通話が無くても元が取れそう。
OCNモバイルONEとNexus7には申し訳ないが、それが効率的だ。 

そもそも、キャリアメールも見切りを付けたいからなぁ。

そうなったら32GBのを買おう、16GBと4千円位しか違わないし。
手持ちのZenFone5用には16GB のマイクロSDを買ったけど、
この度、ダメスマフォ(INFOBAR A01)の8GBマイクロSDも完全に空いた。 

ヤバい、契約更新の時を見ずして切り替えるかもしれんぞ。

それにしても期待以上のできのZenFone5さん。
周辺でも「乗り換え」を目論んでいる方もちらほら。
個人的にはZenFone5を薦めない理由なんぞ、ありませんな。 

グリコのビスコ。

あぁ、ほのぼのしますなぁ

ほぉ、季節柄、イラストもX'mas仕様になるのね。
何だかほのぼのしますなぁ…ってサンタの袋に何か書いてある。
ってか箱の天面に、デカデカとこう書いてある。

あぁ、殺伐としますなぁ

サンタ公認!

なぬっ、サンタの話をするにも「公認」が要るのか!? 
つまりアレか、どんなにサンタを挙げ奉ろうとしても
公認が必要になるのか?

そうか...非公認じゃぁダメなのか。

で、表面同様に袋に書かれているのが 

グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース日本代表公認

ややこしいわ、これ。
つまり、協会が公認したサンタ日本代表が公認した商品
...じゃぁ、ここでのサンタ公認の効力は弱めだな。

協会公認とか、サンタの各世界代表公認じゃないからな。
「あー、そうですかぁ」で受け止めて良いんだろうな。

そうじゃないと、別な意味で子どもの夢を壊すでしょ、これ。

あぁ、X'masまで1ヶ月切ったのか。
今年はプレゼント無しだろうな、多くは求めない。 

doTERRA

※ 写真はイメージです。doTERRA商品ではございません。

一応、こちらの写真はdoTERRAのものではないんだがね
...もうちょっとネーミングセンスは無かったものか、と思いつつ。
しかし、日本の感覚が強いからとは言え、商品が怪しい。

普通に考えて皮膚への影響が激しい精油の原液を
そのまま皮膚に使うってのも難がある訳だし、ましてや飲むとは。

で、色々と調べる中でWikipediaへと。
そこで不覚にも吹いてしまった。
引用文は全て、WikipediaのdoTERRAの項から。

 ユタ州オレムに本社を置き、精油や関連商品を商材として連鎖販売取引(マルチ商法)を行う会社である。

救いようが無いじゃないか、これ。
この1文を見たら買わないだろうによ。

で、更に読み進めると、どうしようも無い事態に。

 2013年8月、ヤングリヴィングは、ドテラが自社の企業秘密を盗み、違法に生産工程を再現していたとして提訴した。ドテラは報復として、ヤングリヴィングが研究所で違法で不正確な製品検査を行っているとして告訴し、誤った製品検査の内容を自社のウェブサイトに掲載した。2社の訴訟合戦により(中略)、インディアナ大学の化学教授Robert Pappas博士は、2社のオーガニック製品には合成物質が添加されていると証言し、100%天然とされた精油が偽和されていることが明らかになったのである。

何やってんスか、敵対業者も含めて。
どっちも「ガセ」と判明するとは...商品買った方は気の毒なり。

さぁ、どんな合成物質が含まれているのか。
いっそう危険な商品になっている可能性も否めないな。
「オーガニック志向」を上手く突いたようで突けていなくて、だ。

まぁ、別ブログなどに関連して「オーガニック」なるものの発想に
様々な思いがあるものでして...まぁ、マヤカシは不要だ。

でも、更に凄いことを言い出したようですぞ。

 ドテラが自社精油で治療可能と主張する病気は、エボラ出血熱、癌、自閉症、鬱病、子宮内膜症、アルツハイマー症、糖尿病、肝硬変、インフルエンザ、炎症など、非常に広範囲に渡っている。 

エボラ出血熱に勝つってどうですよ? 
それだったら国立衛生研究所あたりも持っているのか!? 
まぁそんなことも無いでしょうな。

そう言えば、精油って飲んだら肝臓に負担がかかるのでは? 
それで肝硬変が治るってのは...やっぱり普通じゃない考え方。

ただ、そう言う組織を利用しなくても、Amazonなどで売られている。
その値段を見て引いた...フランキンセンスが15mlで2万円近く!? 
生活の木だと100ml買えますな、オーガニックでも1万円しない。

どう言う基準での価格設定か、そしてコンセプトが何だかなぁ。

そんな訳で、どうにも使う気になれない商品。
ランクが相当低い100%天然の精油でも直接付けたら荒れるってば。
 
多分、アロマについて無知に等しい方が手にしているんでしょうな。
何とも嘆かわしい話だ。 

↑このページのトップヘ