このブログは、1年7ヶ月の沈黙を破って、
2013年12月から絶賛更新中の、4thブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな 』
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』 ← 今ここ。

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。

暫くの間、話は前後するが、それとなく受け流していただきたい。

10月22日(水)のこと、知人に連れられて六本木へ。
morph-tokyoと言うライヴハウスで、TV収録のライヴをば。

しかし、こちらは広島...「テレ玉」は映らないのでござる。
『お~でぃえんすv」と言う番組内でライヴの模様を流すようだが、
毎月第3日曜に放送する以外の情報は持ちあわせておらぬ。

よって、今回観たライヴが今月16日に流れたのか、それとも
来月以降になるのかも分からない...場合によっては多少の
「ネタバレ」につながるやもしれないな...まぁイイか。

で、何故そのライヴに行くことになったのかと申しますと、
知人の友人が音楽プロデューサーやPAなどをされているらしく、
その方がプロデュースするバンドを応援してやって欲しい、と。

そのバンドも申し訳ない、全くの初見であった。
トリで22時過ぎの出演だったが、折角なので19時頃から観ることに。

しかし出演者がエラいこっちゃだった。

まみり以外は初耳だぞ、オイ!!

え、まなみのりさを六本木で観るのかい? 
広島では地元TV番組でもフツーに観る3人なのだが、広島ではなく
六本木でパフォーマンスを観ることになるとは...いやはや。

さて、今回のライヴは1組の持ち時間15分、大体3曲と言った流れ。
会場に着いた時点で、永月ほなみさんのパフォーマンスは終了。

当然ながら会場内の撮影は出来ないので、ここからは、各アーティストの
ホームページをリンクさせながらご紹介することに。
それでも6組あるから、結構な量になりそうだ。

最初に観たのがギターデュオのRe:яock、今年4月に結成されたばかりだ
そうだが、結構こなれた演奏をしていたと言う印象があった。
収録なので本当に2人だけだったが、他の楽器を加えたバンドでも観てみたい。

片や今どきのカジュアル、片やヴィジュアル系?と言った雰囲気で
一見すると水と油のようにも思える...それもまた良い意味で想像を裏切る。
余談だが"я"と言う字は「ろしあ」と打って変換し続けたら出て来た。

その次に出て来たのが、まなみのりさ...観た中では1番人気だったな。
エレキギターデュオの後でも物怖じせず、客を掴む力も十分。
MCでは思いっきり広島弁も出ておったわい。

しかし、ハーモニーもきっちりこなして踊り続けるのはお見事の一言。
デビュー曲を知っているだけに、妙に感慨深かったなぁ。
そして熱狂的なファンの勢いには、こちらも押されっぱなしだった。

続いて沖縄出身のギターデュオ、アキダス...こちらはアコースティック。
「ギター」とは書いたが、途中から1人はピアノに転向していたなぁ。 
爽やかで初めて聴いても一緒に歌えそうな雰囲気があった。

結成は10年以上前とのことで、咄々としたMCや妙な間合いも
ふわっとした空気の如く目や耳に入っていく感じがあった。
「歩き出す」から転じて「アキダス」となったとのこと。

お次は矢嵜風花(やざき ふうか)さん、 見た目からは想像つかない
ゴスペルシンガーでもあった...と言っても、いわゆる「賛美歌」ではなく
自らのピアノに自らの言葉による「祝福」「喜び」をのせたもの。

それもあって割と肩肘張らずに聴ける感じはした。
後日バンド編成のライヴもするとのことで、これも気になるところ。
「矢嵜風花」と大きく書かれたノート(楽譜)も印象的だったな。

残りは2組、続いては辻祐弥さん、元々はバンドでやっていたそうだが
今は「弾き語り」で勝負に出ているといったところ。
これまた咄々としたMCとのギャップが良かったりなんぞ。

しかしMCで語られる曲に対しての想いは相当熱かったな。
時に目で、時に声で、そして常に想いで圧倒する所があった。
Twitterも中々に独特な世界観があったなぁ。

そしてトリがWaFFlyDaizy(ワッフリーデイジー)...これが最大の目的か。 
今回観た際は黒一点のギター&ヴォーカルに女性3人で
脇を固めると言った編成...パートも中々珍しかったりする。

パワーとメッセージで押していくバンドと見受けたが、残念ながら
このライヴ直後に体調不良で男性メンバーが脱退との報。
新編成で荒削りにもなると思うが危機を乗り越えて欲しいところ。

やー、一気に書いたが、伝え漏らしは無いだろうか? 
そして、これで雰囲気が十分に伝わっただろうか? 

テレ玉が付く地域の方は実際に番組をご覧いただくのが早いか。

ともあれ、ちょっと珍しい形でのライヴ参戦。
貴重かつ不思議な時間を過ごさせていただきました。 

10月31日(金)に東京から広島に戻ったのだが、
実はその時、事前にパンを買っていた。

その前(10月1日)に東京から広島に戻った際の新幹線よりも
1本(20分)早いものにしており、その割には宿泊地を出たのが 
同じ時間だったりもしたので、 万全の策として。

しかしフタを開ければ新幹線の発車まで結構な待ち時間が。
パンは少し日持ちするものを買っていたので、ここは奮発して
「駅弁」っちゅうものを買ってみようじゃないか。

前も綴ったように、今年は東海道新幹線開業50周年。
それにちなんだ弁当もいくつかあったが、どうも苦手な物が
あれこれ入っていて、早い段階で却下となった。

で、選んだのがこちら。

有名そうには無い感じだ

↑ 牛たん弁当(1,150円)...うほっ、一気に高くなった。
幸か不幸か、ICOCAに大量チャージをしていながら使えずにいたので、
これに当て込んだりなんぞ...に、しても贅沢だわ。

そりゃあ「買い」ってもんでしょ

↑ 選んだ決め手は「肉」って思ったのと、この見た目でありながら
トータル608kcalだったこと...普通なら800kcal以上ありそうに見えるのだが、 
脂身が少なく、そんなに沢山食べない「牛たん」だから成せるのか? 

これは選んで正解だった。

例の如く、名古屋駅に着いた辺りで食べ始めたのだが、その頃は
睡魔と疲れでやや朦朧としておりまして...これを食べ始めてから一気に
調子を取り戻し、一時的でも眠気が取れたので、やれやれ。

味付けも食べやすかったし、ここでも「これでもか」のキャベツが
良い感じで口直しの役割を果たしてくれた。
副菜も含めて「ハズレ」が無かったのも珍しいかもしれない。

ともあれ大満足、記念すべき「駅弁デビュー」と相成った。 

ちなみに、近くのスーパーやデパートなどでも「駅弁フェア」ってあるが、
ああ言う時って何故か「買おう」って気にならないんだよな。
例え乗るチャンスのない路線のものであっても。

不思議なもんだねぇ。

さぁ、次回の旅...そこではどんな「新幹線メシ」を食べるのだろうか? 
でも分かっている、次に食べるのも名古屋駅ですから。 

1回目の東京旅(9月15日~10月1日)では、気分に余裕がなく
新幹線での食事は事前に買っていたパンだったりした。

まぁそれは手軽だし悪くもないのだが、ちょっと面白みに欠く。
あと、土日祝日でなければ、指定席でも空きが出るので、
3人がけの席だったら、真ん中が埋まるケースも少ない。

なら、弁当をガッついても大丈夫だろう。

そんな訳で2回目の旅(10月14日~31日)は、行きも帰りも
弁当を買うことにしてみた。

本日は行きでのものをば。

厳密には「駅弁」じゃあないね

出発駅の横に、毎度おなじみ「むさし」がある...が、そこは弁当専門店。
うどんではなく、もう1つの名物「むすび」をこしらえることにした。

台風通過直後とあってか、新幹線利用者が多く、在来線も車両トラブルで 
それぞれ遅れが発生...逆に弁当をゆっくり買えるという恩恵も。 

で、むすびを提げて新幹線へ...行きも帰りも大体そうだが、
乗り込む時間からして名古屋駅がちょうどお昼時になる状態。

名古屋駅に来たので開けましょか。

鶏好きには堪らんです

↑ 若鶏むすび(820円)...よくある「唐揚げ弁当」とも違う趣。

まぁご覧の通り、そんなに大きく無い容器に「これでもか」と言う詰め方。
店内で食べる時のカゴでも然り。
詰める具材も何だか意表を突くところがあったりして。

挑発的もエェとこ

↑ その最たるものが「生キャベツ」...先が綺麗ではないので申し訳ないが、
一般的な割り箸で掴んで、この大きさ...「食え!!」と言わんばかりである。
これが5・6枚入っているのだから、如何に挑戦的か分かるだろう。

しかし、これが重要な要素でして、唐揚げの味の濃さやボリュームを
見事に中和させる働きがあるのだ。
むすびでも中和出来なくないが、キャベツの軽さが断然勝る。

弁当になれど、むすびも唐揚げも抜群の安定感。
時間をかけて完食いたしました。

勉強になりましたわ

↑ ちなみに包装紙の裏には、広島方言講座も。
長らく広島に居るのだが、知らないものも結構あったりなんぞ。
「こんにい」「あんにい」なんて、本当に言っているのだろうか。

ともあれ、良いパワーチャージとなった。
厳密には「駅弁」ではないが、この楽しみ方もアリだな。

それに気を良くしてか、帰りも弁当を買うこととなった。
今度は本当の意味で「駅弁」...ではでは続きは明日にでも。 

↑このページのトップヘ