アロマテラピー。

掻い摘んで言うと、植物100%の精油を利用し、嗅覚や触覚などから
心身のバランシングを図る民間療法...と言ったところだろうか。

酷いもののダシにされるとは

アロマテラピーで「インストラクター」だ「セラピスト」だ、と言う資格を
持っている訳ではない(「アドバイザー」なら持っている)が、
「ある程度は知識を持つ人間」としての責務も感じている。

事実、仕事でも少々扱ったりする訳で。

そんな中、最近になって「アロマテラピー」とは無縁の知人が
急にその世界に走ったようで、ちょっと追跡してみると
何だか怪しいと言うか、完全にアウトだろ?ってものを発見した。

水に溶かして飲める!! 
肌に直接付けてもOK!! 

うん、日本での見解なら即刻退場だろうな、これ。

アロマテラピー検定を実施し、日本でのアロマテラピー普及に大きく貢献した
日本アロマ環境協会(AEAJ)は精油の取り扱いについて、

原液を直接肌に塗ったり、飲んだりしないようにしましょう 

と、公式ホームページで注意喚起している。 

肌に付ける場合は、キャリアオイルで薄めたり、塩やシアバターなどと
合わせたりするよう指示されていて、原液使用は認められていない。
飲用については薄めようが何しようがNGと言うのが公式見解。

それは、「精油」と言うものが植物の有効成分を凝縮したものであり、
高濃度であるが故に皮膚や内蔵などに炎症を起こす危険性を示してのもの。

私自身も実際に、誤ってグレープフルーツの精油を指に付けてしまって
痒みや荒れた症状を引き起こしたことがあるし、アドバイザー講習会で
猫に(希釈したものだが)使って皮膚炎を起こしたと言う事例も耳にしている。

海外で医療用に作られる精油もあるにはあるが、今回の商品が
医療用って位置付けでもないようだし、仮に位置付けられていても
自己責任になるものなので、これらの謳い文句はかなり危険だ。

じゃぁ、直接肌に使えたり飲めたり出来るってことで考えられることは
植物100%の精油ではない(水などで薄めている、実はジュースなど)って
可能性があるってことだよなぁ。

「認証機関で認められた高品質」と言うのも、あくまで自社基準で、
他社商品を審査した訳でも無さそうな雰囲気もサイトを見て感づいたわ。

しかし、タイトルにもあるように、その商品の名前が

doTERRA(ドテラ)* 

と来たもんだ...これからの時期に着ると暖かいね...って、こらこら。
 * 正式には"o"の上に横線が入る 

そりゃあ2chのスレッドでも

「ジュバン」とか「ユカータ」なんてのが出たりしてww
「コシマキ」に一票。 

って揶揄されたりもするわ。

で、そのスレッドにもあり、知人が手を出した結果として開設した
自身名義のオンラインショップを見て「マルチ商法」を確信した次第。

おいおい、そいつぁ困りましたな。

いくら「アメリカの精油だから」と言ってもOKとは言えない使用法で
尚且つ、マルチ商法の匂いがするとなれば、知人もご愁傷様だ。

仮にその使用法で炎症を起こすなどの被害が出た場合、
「飲める」「肌に直接付けられる」と言った文句が誇大広告となって
特定商取引法違反で確実に処罰の対象となるんだけどな。

実害が表面化しなければ、このまま暗躍するんでしょうかね? 
いずれにせよ、迷惑な話である。

しかし、"doTERRA"ってWikipediaにも項目があって読んでみたら、
まぁどうよ?って言いたくなる位の記述が出るわ出るわ。 

折角なので、明日にでも綴ってみましょうかね。