このブログは、1年7ヶ月の沈黙を破って、
2013年12月から絶賛更新中の、4thブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな 』
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』 ← 今ここ。

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。

カテゴリ: にゃんこ、スマフォやめるってよ!!

【第10話】に戻る

ASUSのNexus7とOCNモバイルONEの設定も無事に終了。
本日中にauでの手続きを済ませて、いよいよ明日から
本格的な「ガラケー+タブレット2台持ち生活」に入る。

奇妙な組み合わせ!?

自分も偶然に知った訳だが、その方法なりメリットなりを
ご存じない方は結構いらっしゃるように思う。

…と、言う訳で、最後に自分が感じた所も含めて
「2台持ち生活」とは何ぞや!? をまとめておこう。


まず何で2台持ちが良いのか? について

 通信費の節約になる 
通話とメールをガラケーに、webの部分をSIMフリー端末に特化。
そういう契約をするなら、前者は2,000円でお釣りが来るでしょうし、
後者は1,000円台で話が済んでしまうという状況。 

スマートフォン1台をキャリア契約していたら7・8千円はザラ。
半額以下の節約も夢ではないでしょう。

 動作がスムーズになる 
1台で複数の作業を行なうとなると、どこかで干渉なり無理が生じやすい。
それを2台に切り離すことで端末にかかる負担を軽減。 

事実、Androidのスマートフォンとタブレットを比べてみて
前者は強制終了がかかることが頻繁にあったが、後者は1度もない。

 キャリアを変えれば、双方のエリアを補完できる 
現状ではSIMフリー端末を使う際に入れるカードは、
docomoの電波*を借り受けて使っている状況。 
ソフトバンクが参入という話もあるが現時点では決定稿ではない

もし、ガラケーがauやソフトバンクだった場合、ガラケーが
エリアから外れても、もう一方の端末がdocomoのエリアで通じることも。
逆も考えられるので、災害時にもプラスに働くと期待できそうだ。

 電池の持ちが良くなる 
スマートフォンは充電が1日持たないという声もあるが、
ガラケーやタブレットなどは2日位持つ物の方が圧倒的に多い。
電池が長持ちすれば、端末の寿命も延ばせるかもしれない。 


では次に「SIMフリー端末」を持つメリット について 

 端末代が安いケースが多い 
iPhoneやiPadは高いが、Androidのタブレットは2万円台から購入可。
また、どのキャリアとも関係がないSIMフリースマートフォンは
1万円以下でも買えるものがあり、初期投資が少額で済むことも。

ちなみに、docomoのAndroidスマートフォンはSIMフリーの場合が多く、
手元にガラケーもある場合は、ガラケーをdocomoとの契約に、
スマートフォンをSIMフリー端末として転用することも可能である。

 いわゆる「縛り」がない 
スマートフォンをキャリア契約すると、2年使い続ける必要が…という
ことが当然になってくるが、SIMフリー端末はそれがない。
端末の買い替えでペナルティが…というのも当然ない。

ちなみに、SIMカードも殆どの場合、縛りがない*。
※ キャンペーンで連続利用の条件が付く場合があっても3・4ヶ月程度である。

 対応機種であれば、海外でも利用可能 
電波(周波数)や、中に入れるカードが対応するのであれば、
使い慣れた端末を持ってそのまま海外へ…というのも可能。
行き先に合うカードを買って使えば、海外でも節約を達成できる。


では「2台持ち生活」に必要なもの

 SIMフリー端末
当然ですね…最近では大型家電量販店でも店頭に並ぶケースもあるが、
ない場合は「SIMフリー タブレット」などといった言葉で検索。
商品ページは勿論、口コミや設定手順などのページもあるので、
それらをフル活用してご自身に合うものを探すと良いでしょう。

今回はASUSのNexus7(2012年版)をアウトレットで購入。
ASUSは品数の多さと機能性で推薦されるケースが多い。

 ガラケー
これも当然ですね…家に昔使っていたものが転がっているという方は
それを活用し、手元に無い方は中古品でも良いので入手しましょう。

 SIMカード 
SIMフリー端末を動かすために必要なもの。
サーヴィス提供会社のホームページ、amazonなどのショッピングサイト、
大手家電量販店などで販売されている。

今回はOCNモバイルONEで契約したが、他にもb-mobile
IIJmioなどといった所も有名かつ人気。
必要条件などに合わせて選ぶと良いでしょう。

 (契約する所によるが)クレジットカード 
SIMカードの使用料をクレジットカードでしか支払えないケースが多い。
事前にチェックしておきましょう。

 (端末によるが)Wi-Fi環境 
今回のNexus7のように、Wi-Fi設定が出来ないと先に進めない端末アリ。
品名や機種の説明に"Wi-Fi"とあった場合は要注意。


ではでは「2台持ち生活」を始めるのに注意すべきこと

 携帯キャリアで残金があるものは精算する必要がある 
例えば現在契約中のスマートフォンを解約して乗り換える場合、
端末代の残金や「2年縛り」の違約金などを支払う必要アリ。
ガラケーへの機種変更や新規契約で手数料が発生するケースも。

ただし、2台持ち生活を数ヶ月続けた場合、必ず元が取れるので
その支払いは大目に見ましょう。

 スマートフォン→ガラケーへの変更手続き方法も要確認 
契約中のスマートフォンからガラケーに乗り換える際、
auでは、パケット割引は電話やwebでも変更できるが、
web利用料はショップ来店でしか変更手続きが出来ない。

au以外のキャリアでも変更手続きは必ず生じるので、
方法や持参物、手数料を確認し、無駄なく済ませましょう。

 SIMカード選びは慎重に 
SIMフリー端末で何がしたいのか? 1日(1ヶ月)でどれだけ使うか? 
対応するカードのサイズは? 動作確認は取れているの?
…などと言ったものを整理して選ぶべし。

よく言われるのは「動画を見ないのなら30MB/日程度でOK」。
日単位か月単位かでも状況が変わるので、そこも要チェック。
LINEなどで電話番号認証をしたい場合はSMS機能付の物を。

 いつから料金が加算されるか要確認 
提供会社によっては、登録したその日からカウントする所もあれば
登録は登録として開通から10日目とする所もあるなど、状況により
支払いに損得が出る場合もあるので要注意。

 アプリの移行・削除・再登録が必要な場合もある 
使用しているアプリにもよるが、情報が引き継げないものもあるので
アプリごとに確認と対策を。
特に「おサイフケータイ」に係るものは要注意。


…とまぁ、字面に起こすだけでも結構な量になりましたが、
実際に試してみると違いは一目瞭然でしょう。
結果が明確になった時点で再度ご報告いたします。

間もなく消費税率も上がりますので、今がチャンスでしょう。

それでは快適な節約生活を~!!  

【第9話】に戻る

OCNモバイルONEでの登録は終わった。

必要事項を書いたページを印刷しようとしたらページが落ちて顔面蒼白。
幸い、事前にメモを取っていたので、それが間違いなければOKか。

よし、Nexus7での設定を始めるか。

難儀したで、おい


さてと電源を立ち上げて、と。



プチッ

えっ? 事前に充電していたんだけどな…もう放電しきってましたか。
仕方ない、充電器を挿して、ちょっと待ってからやるか。

どうやら、ある程度の充電がないと、完全に電源が落ちるみたいで、
20%位取り戻した所で、作業が再会出来たか…ここで1時間はロス。

では気を取り直して



Wi-Fi設定が先か!! 

そう、実はこちらが先に来るのですよ、Nexus7さんは。
言い換えれば「Wi-Fi環境がなければ、そこで作業ストップ」って訳だ。
幸いWi-Fi環境があり、ルーターのHPも見て必要事項を入力し完了。

記念にTwitterで報告。


↑↑ 舐め腐ってますね、ホント。

それが出来てから、ようやっとOCNモバイルONEの設定だ。
2013年版は設定が若干、簡略化されているようだが、
2012年版は最初から手動設定が必要になってくる。

ここで事前にメモしたものが必要になってくる…が、あれ? 完了したのか!?
何をもって「完了」とするのか正直よく分からない。

Nexus7さんはコンピュータに関する知識が殆どない方には酷だと言われ、
中級レヴェル以上は絶対に要るだろうとも言われている。
その分、自由度もいたって高いのだが。

しかし、有難き哉、インターネットの時代。
既にユーザーからの書き込みは多数挙がっているのでございます。

そこで「Wi-Fi接続を一旦切って、アンテナピクト(マーク)の左上に
"H"の字が挙がればOK」と判明。

ではWi-Fiを切って、と



ダメだぁ!! 

繰り返すこと数十分…もしかしてメモを間違えたのか!?
色々と試してみるが"H"の字は挙がらない。

これは詰んだか…と思われたその時思い出した。

何かさっき変な箇所触ったかも

…怪しいと思った箇所を元に戻したら

祝・開通!! 

アホみたいに足掻いたところはあるが何とかなって、ひと安心。
ふぅ、疲れたわ、ホント。

という訳でご報告。


そして日付が変わって


…という訳で、タブレット生活スタート。
ガラケーへの切り替えは28日に行なう手続きもあるので暫しお待ちを。

既に保護シートに指紋がついた状態なので写真も綺麗ではないですが、
動作もスムーズ、サクサクと作業が出来ている感じ。

主にTwitterを始めとしたSNSで使っているので、容量もそうそう減らず
最新情報の更新も早いし詰まらず出来ている。

良い武器を手に入れた感じ。
ガラケー運用が始まる3月からも明るい兆しだな。

と言う訳で、【第11話】で一旦終了。
ワンクールのドラマか!? って数になってしまったな。
使ってみての感想などは請求書が来た時などに挙げることに。


【第11話】につづく

【第8話】に戻る

2月7日、"Nexus7"(Nexus7-32T)がやって来た。
その後、1週間以内でケースやSIMカードなどが揃った。

でも契約がまだだった。

OCNモバイルONE(通常タイプ)

と言うのも、OCNモバイルONEは開通から10日目からを利用開始日とし、
利用開始日を含む月は無料というスタイルを採っている。

つまり開通から10日目が「●月1日」となるように手続きをすれば
40日近く無料で使えることになるのだ。

そのため、こちらもその時期まで待つことに。
19日か20日か迷ったが、安全牌で20日に設定することにした。
いずれにしろNexus7を2週間も寝かせることになったな。

2月20日。

いよいよOCNモバイルONEの登録。

docomoの電波を間借り中

これがマイクロSIMなのだが、裏面に必要な情報が書かれているので
それらを入力していくことに。

スマフォでも動画を見ることなんてないので、いただいたアドヴァイス通り
「30MB/日 月額 980円」で申し込…ん!?

「60MB/日、2GB/月、7GB/月コースに申込の方対象
 3,000円キャッシュバック」


…ん? それとは別に「新規契約3,000円キャッシュバック」は見ていたが
一体どうなっているんだ!? 

これが読めば読むほど謎が深まるばかり。
「既にSIMカードをお持ちの方はこちらからお申込いただけません」は
自分を対象とみなすとも、みなさないようにも読めるのだ。

併用可能なのか、自分は条件を満たしているのか。

その前に試算。※ 4月以降の支払いのため、消費税率8%での計算


<30MB/日コースを申し込んだ場合> 
● 初月 無料、2ヶ月目以降 月額1,008円 
(5%時点では980円コース、8%額は仮定) 
● 新規契約3,000円キャッシュバック対象 
(利用開始月から3ヶ月の同一コース継続利用が必要) 

3,000-(1,008✕2)=984 
4ヶ月目の時点では1,008円を引いて24円のマイナス 

<60MB/日コースを申し込んだ場合> 
● 初月 無料、2ヶ月目以降 月額1,522円
(5%時点では1,480円コース、8%額は仮定) 
● 新規契約3,000円キャッシュバック対象
(利用開始月より3ヶ月の同一コース継続利用が必要)

3,000-(1,522✕2)=-44

で、もし、もう1つのキャッシュバックが効くなら
● 指定コース3,000円キャッシュバック対象
(利用開始月から4ヶ月の同一コース継続利用が必要)

4ヶ月目の時点で
3,000-1,522=1,478
3ヶ月目の時点-44円を加えても1,434円の得


なぬっ!? 高いコースに入った方が結果的に得になるとは!! 
5%ならともかく、8%になってもマイナスにならない!! 

これでそのまま5ヶ月目に入っても
 ● 30MB/日・・・ -1,052円
 ● 60MB/日・・・ -88円
千円近く開きがあるのか…逆転するのは7ヶ月目だな。

実際にはユニバーサル料が加わるが、これはコースに関係なく定額。
今なら、ひと月3・4円位だもんなぁ。

キャンペーン恐るべし…でも併用OKかどうかは分からない。
ならばTwitter上で聞いてみよう。


そして公式アカウントさんから回答。



60MB/日 コースに決定!!

本当は30MB/日でも十分そうだとは思っていたけど、万が一
「容量が足りなくて3ヶ月…」となった場合を思うと、これまた安全牌。
自分の場合、30MB/日にしようと思ったら、8月*に変更手続きって訳だ。
※ 【追記】2014.2.26 13:40 7月でも行けるわ…まぁ様子を見て決めよう。

その後、快調に登録を進め無事終了。
やぁ長い道のりでしたわ、ホント。

ただ、この時点では後に待ち構える、設定作業の難儀さを
知る訳もなかった…。


【第10話】につづく 

【第7話】に戻る

遂に新たな相棒"Nexus7"(Nexus7-32T)がやって来た。

まだ外せぬのだ

ちょうど注文したタイミングで「楽天お買い物マラソン」開催。
期間限定ポイントを900ちょっと持っていたので、ケースも買ってみた。

現在はイエロー使用中

ポイント消化と古い型番故の買い置きで2つゲット。
実際に支払ったのは合わせて200円…店泣かせだのぅ。

P1000513

保護フィルムは、いきなり高いのを買って痛い目に遭うのが怖くて
DAISOのフィルムを自分で切ることに…まぁ軽い保護程度でしょうか。
貼る作業に慣れれば専用フィルムを買うことにしよう。

…という感じで準備は着々と進んできたが、1つだけ待つものがあった。

OCNモバイルONEのSIMカードである。

前回も書いた通り、Nexus7が届いてからのキャンペーン応募だったため
手元に届くのに時間がかかったのである。

しかし応募の際にシリアルナンバーを入力するのだが、
0(ゼロ)だかO(大文字のオー)だか分からないのが出て不安だったな。
購入証明の写真を付けることになっていたので、そこにナンバーの写真と
注意書きを添えて確認を取ってもらうことにした。

1週間後

緩衝材ゼロ!?

良かった、ちゃんと届いてくれたよ。
番号ミスったら…もだし、契約したい時期に来なかったら…で不安だった。

OCNモバイルONE(通常タイプ)

Nexus7に合うように、マイクロSIMが到着。
前回も書いたように、通常は3,150円で買うもの。
これがある意味「初期工事費」になる訳だが、無料はありがたし。

今回は通話機能なしの通常タイプだが、他にも通話アプリ付きのもの、
LINEなどの登録に役立つSMS機能付きのものなども販売されている。
サイズも標準SIMやナノSIMがあるので、購入時はご注意を。

さ、必要なものは全て揃ったし設定を…と言いたいところだが、ここは
もう暫く待つことに…それはだね、


【第9話】につづく 

【第6話】に戻る

ASUSのタブレットにOCNモバイルONEのSIMカード。
方針は固まったが、いよいよ商品を決めないとな。

キャンペーン対象品で機能と持ちやすさを考えたらこれかな。




厳密には「ファブレット(7インチに満たない端末だから)」だが
タッチペンが付いていて、電話機として利用可能。
家電量販店でも持ってみてしっくり来る感じがあった。

しかし予想通り、これが高い訳でamazonでも当時42,800円。
この記事を更新する今では35,820円だそうだが、初めて買う
タブレットでこの金額が適正かどうか分かりづらい。



大きさを言わないのなら先の品に似たもので、これも候補か。
当時は32,800円位、今は31,270円。

しかしこの2機種、大きな問題を抱えていて…それは
口コミが非常に悪かったのだ。

悪いと言うのが「初期不良」に集中…これでは買う気が削がれる。

ただ、よくよく考えたら、ガラケーとの2台持ちをする訳なので
通話機能は無理に必要ないのだ。
Bluetooth搭載だったら、それ用のヘッドセットを使えば良いだけの話。

じゃ、他のを見るか…と思った中で、ふとASUSが持つショップサイト
思い出し、そちらに飛んでみることにした。

通常の売り場はamazonと変わらないか、少し高いおねだ…ん!?
アウトレットコーナーがあるじゃないか!!

寄ってみたら…あ、対象商品があった!!

※ ASUS Outletでの販売が終了しているため、amazonサイトのものを掲載

お、これは元々26,800円かで見た品じゃないか!! 
通話機能やアウトカメラなどは無いが、大体欲しい機能がある。
それが「箱つぶれ」なだけで

18,800円

まで落ちますか!!…ちょっと大丈夫か、これ。
もう、この時点でほぼ決まりだったが、念の為にキャンペーンの
事務局にメールで問合せをば。

 「アウトレット品もキャンペーン対象品ですか?」

10分後、返信が。

 「対象となります!!」

即ポチ(笑)

で、ここでのキャンペーンと言うのが、OCNモバイルONEの
SIMカード(通常価格 3,150円)を無料プレゼントというもの。

…えと

<本来の買い方>
タブレット(26,800円)+SIMカード(3,150円)=29,950円

<今回の買い方>
アウトレット品のタブレット(18,800円)+送料(525円)=19,325円
※ SIMカードは無料プレゼント

差額 10,625円!! 

何だよ、既にカオスっぷりを発揮しているじゃないか!! 
もう商品到着前から笑いが止まらなかったのは言わずもがな。

3日後、商品到着。

え、どこが!?

箱つぶれてねぇし!! 

何がどうなってアウトレット品になったか分からない程の完品。
Googleタブレット”Nexus7"の2012年版(Nexus7-32T)
2013年版もあるが、こちらも現在でも人気ときたもんだ。

SIMカードのキャンペーンは、商品が届いてからの応募。
フォームに入力しましたら気長に到着を待ちましょう。


【第8話】につづく 

↑このページのトップヘ