このブログは、1年7ヶ月の沈黙を破って、
2013年12月から絶賛更新中の、4thブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな 』
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』 ← 今ここ。

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。

カテゴリ: 日々雑感

気が付けば11月も半分が過ぎてしまった。

よく考えたら昨年は10月下旬に受けていた予防接種。
受けようと思った時に限って発熱してしまい、あれよあれよと
11月に入ってしまった訳だ。

一昨日、ようやく受けることができた。

大体これ位の説明は口頭であるけど

月1で通っている病院は、割と良心的な値段でやってくれる。
季節性と新型の混合ワクチンで2,600円...昨年より100円上がったが、
この倍近い値段のところも普通に見かけるもんなぁ。

大人だと1回でも良さそうだが、子どもは2回って言うでしょ。
そうなると、安心感が得られるとは言えど結構な出費となる。 
どうやら病院側の「言い値」だそうで、そこは要チェックでしょうな。

私の場合、インフルエンザを含め、風邪にかかってしまうと薬で
対処できないため、予防接種は有効性云々を言わず受けている。
絶対にかからない保証は無いものの、リスクは下げておきたいもの。

幸い、ワクチンそのものがNGではないので、割と進んで受けている。

しかし今年は時期が時期だったのもあってか、私の前後に来た方も
「予防接種」って言っていたなぁ...急に寒くなったし、分からんでもない。

インフルエンザのワクチンは打ったからすぐ効くってものではない。
大体2週間程度かかってから効果が見られるそうなので、
そこまでは特に気を許せないところでしょうな。

あと、昨年打ったから今年は大丈夫...ってものでもないそうだ。

この先、人に会う機会が増えそうな感じなので、事前策は大事か、と。
もう間もなく、またしても旅に出るので、少しは楽に行きたいねぇ。
 

グミ(グミキャンディ)は結構好き。

カロリーが高いことも、砂糖をガンガン使っていることも
それはそれは分かっておる、しかし、小腹が空く時には
大変重宝して、勢いに任せて口にすることも。

 ドン・キで安かったものでして

↑ ある日のこと、シーズンオフに伴ってか、こちらが結構お安く手に入った。

結構、引くんだよな

↑ お、当たりを引いたようだ!! 

普通はこれだよ、これ

↑ 普通はこの形だよな。

私の場合、余り柔らかすぎても、硬すぎても良くなくて、写真にある
「Pure(ピュレ)グミ」(カンロ)が1番好きだったりする。

しかし、どうも食べ過ぎると弊害が出るようだ。

真っ先に影響するのが「歯」...浮いた感じになって噛む度に痛みが。
これは何故か他のグミには起きない現象で...よって、いくら好きでも
Pureグミを短期間に連続して食べることはしていない。 

で、最近は、それ以外の症状も出るようになった。

これはPureグミ以外でも起きることだが、グミを食べ続けていると
お腹が張って緩くなってしまうのだ...食物繊維とか人工の糖類は
どれも無かったと記憶しているのだが...どうしたものか。

まぁ好きなものとは言え、 摂り過ぎは良くないのだろう。
ただ、症状が思った以上に酷かったので、過去に呼吸困難を起こした
チョコレートのように、一切食べなくした方が良いのだろうか? 

多分ムリ。

とは言え、今では短期間に連続しないように食べている。
好きなものを失う悲しさは相当なことだからなぁ。 

処方薬で対処するものもあれば、市販薬に頼るものもある。
胃薬もその1つで、一時期は処方薬だったものの、今は市販に。

胃薬は特に拘りも条件も無いので、何だってOK。
まぁでも、頻繁に買うのも何かと痛い。

そんな中、服用していた胃薬が切れそうになった。
別にその商品でも良かったのだが、それを買ったところではない
ドラッグストアに行く用事が出来たので、そこで買うことに。

今まで使っていた商品は置かれてなく、代わりだろうか、
それに近い商品が安く売られていて迷わずお買い上げ。

しかし、その名前は何とかならなかったのだろうか。

間違いないな、それ

胃散!! 

も、もうちょっと、 ヒネリとかは無かったのだろうか? 
余りのインパクトに痛みどころか、胃そのものが散りそうな勢いだ。

「胃散」と聞いて思い出すのが「太田胃散」...どうやら社名でもあるようだが、
社長の名前から「太田」と付けた分、クッション性もあるわなぁ。

あと、「切らした」と言った商品も「全国胃散」...パクリだろ?と言われそうだが、
それでもまた、クッション性が高い。

でも、今回は直球で「胃散」...吹かない訳がない。

しかし、名前通りか、胃の不快症状に割と直球で効いた感はある。
まぁ服用し続けるものでも無いだろうし、体が慣れないようにしないとな。
頭に「胃腸薬」を付けずとも、直球勝負出来るだろう。

「模倣品」と言ってしまったら悪いかもしれないが、そう言う品も
時としてありがたかったりもする。
お安く手に入ったり、思った以上に効きが良かったり、体の負担が無かったり。

ともあれ、役立つ存在で良かったよ、「胃散」!! 
 

希少糖。

何か知らんが、その名とは裏腹に多数並んでいる。
ジュースに飴に...スーパーでも普通に複数見かけるで。

そんな希少糖を使った商品を初めて買ってみた。

ぞんざいな扱いだこと

希少糖、半額の憂き目に遭う、の巻。
これじゃ何か分からんだろ...ってことで、

これで分かるだろ、ほら

元はこんな商品だ...飲むヨーグルトにも希少糖ですか。

しかし、棚に並んだ商品を見ると、半額になったものが5本も。
それでなくても通常価格で7・8本あったから、何ら希少性はない。

それは、あれだ。

TVのグルメ番組で「貴重なアワビをいただきます」「珍しい伊勢海老です」
...とか言われても、余りに頻繁に登場し過ぎて「本当は結構居るんじゃないの?」
...なんて風にしか捉えられない、そんな感じだよ。

本当は貴重で希少なのかもしれませんけれど。

で、肝心の味だけど、サッパリはしている、でも不自然で嫌味。
申し訳ないが、もう買わないわ、私。

希少性もだが、健康効果も謳われているらしい。
でも、これに頼ることはしないと思う。

希少だったら、下手に取り続ければ、じきに無くなるってことでしょ? 

まぁ、ともあれ、これは個人の意見だ。
これが素晴らしく体や味覚に合う方だってあるだろう。
飲むヨーグルトに限らず、1度は口にして判断されると良かろうって。 

通院生活も長くなった...と言うか、今後も続く。

貧乏と共に長らくこじらせているのが「貧血」。
どうやら造血も貯蔵もしにくい体質で、鉄剤が欠かせない。

遺伝かどうかは分からないが、母親も貧血だった。
あの方の場合「病院嫌い」が激しく、特段の手を打たなかった。 
手を打っていたら今頃どうしていただろうか。

そんな訳で本日は「鉄剤」のお話。

現在通っている病院は「ジェネリック医薬品」を積極採用中。
「フェロチーム」と言う鉄剤を出してもらっていた。

ところが、9月だったか、調剤薬局で薬剤師さんから一言。

「今後は名称が変わるんですよ」

分かる方、少ないんとちゃう?
 
↑ で、こうなった...上側が従来の「フェロチーム」、そして下側が新しい名前。
「クエン酸第一鉄ナトリウム」...「鉄」って入っているから分かるには分かるが、
エラく長ったらしくなりましたわなぁ。

しかし、こんな長ったらしい名前でも予測出来る「Google日本語入力」は凄い。

ともあれ、名称は変更となった...が、中身は変わらない。
それもあってか、10月に通院した際は「在庫が勿体無い」と言う理由で
旧品(フェロチーム)の方を出された始末。

名称変更で、どの辺りがプラスになるのか、よく分からん。

で、実は鉄剤とは別で処方してもらっている薬がある。
それもまた名称変更になるとの話だが...変わるであろう名前を聞いたら
本当に何の薬か分からないって事態に。

トラブルにならないと良いですね、ってところだろうか。

さて、もうそろそろ通院の時期だ。
先月の採血の結果が良ければ、鉄剤の量が減ることになっている。

ん? 「クエン酸第一鉄ナトリウム」って呼ばないのって!? 
長ったらしいし、覚えられないよ。 

↑このページのトップヘ