このブログは、1年7ヶ月の沈黙を破って、
2013年12月から絶賛更新中の、4thブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな 』
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』 ← 今ここ。

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。

カテゴリ:日々雑感 > 取り敢えず笑っとけ

あともうちょっとで12月、ってか来年だ。

そうだよ、2015年だよ

今年も喪中ではないので年賀状を作る予定でいるが、諸事情により
業務用は割愛して、久々に「個人用」のみでの対応へ。

しかし、まだ年賀状自体を買っていないし、デザインも決まらない。

そう言えば、今年は「写真AC」から写真やイラストを貰っている。
メルマガ登録していると、1日1テーマで貰える素材もあったりする。
中には大いに役立つのもあるが、使い道が無さそうなものも失礼だが…。

でも、何らかの形で陽の目を見せてやりたい...と言う訳で、
2作品ほど「これ、どうするよ?」と言う作品を作ってみた。

まず、こちらから。

痛すぎる年賀状2014.1

軽く事件だろ、事件...ってか「引っ越ししました」はがきでも問題だ。
ってか、この男性は誰なんだろうか...。

もういっちょ、UPしてみよう。

痛すぎる年賀状2014.2
 
こらこら、何をひれ伏している? 
新年早々の懺悔と言うか失望と言うか...年賀状に限らず使い道が。
それとも「よろしくお願いいたします」が行き過ぎてのそれか!? 

むぅ、冗談はさておき、どんなデザインで行こうか。
個人用だから差し出す相手もそんなには居ないんだけどね。
ありきたりは面白くないもんなぁ。

とにかく、真っ先にすべきは「年賀状を買うこと」か。 

グリコのビスコ。

あぁ、ほのぼのしますなぁ

ほぉ、季節柄、イラストもX'mas仕様になるのね。
何だかほのぼのしますなぁ…ってサンタの袋に何か書いてある。
ってか箱の天面に、デカデカとこう書いてある。

あぁ、殺伐としますなぁ

サンタ公認!

なぬっ、サンタの話をするにも「公認」が要るのか!? 
つまりアレか、どんなにサンタを挙げ奉ろうとしても
公認が必要になるのか?

そうか...非公認じゃぁダメなのか。

で、表面同様に袋に書かれているのが 

グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース日本代表公認

ややこしいわ、これ。
つまり、協会が公認したサンタ日本代表が公認した商品
...じゃぁ、ここでのサンタ公認の効力は弱めだな。

協会公認とか、サンタの各世界代表公認じゃないからな。
「あー、そうですかぁ」で受け止めて良いんだろうな。

そうじゃないと、別な意味で子どもの夢を壊すでしょ、これ。

あぁ、X'masまで1ヶ月切ったのか。
今年はプレゼント無しだろうな、多くは求めない。 

1年納めの九州場所。

本場所限りで定年なり

秀男さん、呼出生活お疲れ様でした。

今まで相撲好きではあったけど、相撲の話をブログで活発に行なったのは
この『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』に入ってからが初だろうな。

Twitterでも「大相撲ツイート」を秘かに楽しみにされているフォロワーさんが
居たり、それきっかけでフォローしたいただけたり、通称「Twitter相撲部」で
やいのやいの盛り上がったりもしたよなぁ。

そんな訳で、千秋楽翌日の恒例になりつつある、このお話。

本場所は何と言っても、新入幕から2場所目でいきなり関脇の地位に上がった
逸ノ城(いちのじょう)に注目が集まり、他にも、三役の顔ぶれが一新。

それ故、これは可哀想だと思った。


「逸ノ城 新関脇」うぉぉぉぉぉっ!! 「勢 新小結」おぉぉぉぉっ!! ...そんな感じに
ならなかったんだよね、彼は...あぁ何だか悲しい、ってか申し訳ない。

しかし、勢(いきおい)も伸びましたな、場所中は苦戦もしたが、
まだ三段目あたりの時代の頃から注目していただけに、大したものだ。
あの「殴打事件」は...(以下自主規制)。

で、そんな勢に個人的な発見。


何か妙なこなれ感があるのよね、喋り方に。
で、もうちょっと考えて翌日、大関戦に勝利してのインタビューで確信。


そうだ、あのドッシリ構えた畑先生だな、間違いない。

さて、本場所は主に前半戦中心に観て、その間のツイートは乱発気味だった。


Twitter相撲部の間ではお馴染み、かつ、流行語大賞ものとなった
「オレの●●(力士名)、頑張れ」...館内の観客には余り伝わっていないのか? 


その元となった松鳳山(しょうほうざん)関の応援団にも浸透せず。


場所中に設けられる「和装デー」、九州場所では初の試みだが、
解説の北の富士勝昭さんはよくあるとして、実況の白崎アナウンサーまでも!!
それなのに、それなのに、 


向正面ではこんなことに。
ちなみに後ろの子どものお絵かきもTwitter相撲部がいじり倒す事態に。

そして本場所はけが人続出、鼻血が止まらなくなって一時中断になった取組も。
そこで見えた日本相撲協会のスタンス。


フィギュアスケートとは違いますね、これ。


角界にも偉人さんが居たものです。

そんなこんなで殆どがアホ過ぎるツイートなのだが、実は実は秘かに
結構マジメに追っている力士の情報がある。


琴滝川(ことたきがわ)は、ものまねタレントのコロッケさんの次男。
角界入りの時にTVでもかなり話題になり、その後も注目している次第。
どうしても分かる範囲が限られるが、こう言うツイートもして来た訳です。 

「親の七光り」が到底通用しない、厳しい世界に立つのは頼もしい限り。
来年もしっかり応援するから、頑張れよ~!! 

そんな訳で九州場所...どうしても後半戦を追えなかったので
いつも以上の中途半端感があるのだが、大いに楽しませていただいた。

来年の初場所...の前に、NHKでも年末に相撲特番があるのかな?  
それまで、余り相撲ロスを起こさぬようにしないとな。

ではでは、(特にTwitter相撲部の)皆様、本年もお世話になりました。
来年、初場所で大いにはっちゃけましょう!! 

『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』になってからは、相撲ばかり
書いているので霞んでいるが、実はバレーボールファン。
全日本よりも実業団(Vプレミアリーグ)派だったりもする。

いよいよ先週(11月15日)から、2014/15のVプレミアリーグ、
レギュラーラウンドが開幕した。

今シーズンから対戦方式が大きく変わる。

ホント、そう思うわ

男女各8チームによるレギュラーラウンドを戦い、
7・8位になったチームは順位確定。
下部リーグ(Vチャレンジリーグ)1・2位との入替戦に。

残る各6チームで1回戦のラウンド(ファイナル6)を戦い、
その1位チームがファイナル、2位と3位がファイナル3に。
4~6位チームは、そこで順位が決まる。

ファイナル3は、ファイナル6での2位と3位の1回戦で、
勝てばファイナルに、負ければ3位が確定。
ファイナル6の1位とファイナル3で優勝決定戦(ファイナル)。

...ややこしいわ、これ。

しかし、これもまた考え様でして、レギュラーラウンドで
6位のチームでもファイナルで優勝する可能性がある訳だ。

つまり、今シーズンから参戦するチームも、レギュラーラウンドで
6位以内に入れば、「初参戦初優勝」なんてことも狙えるのだ。

男子ではジェイテクト・スティングス、女子では上尾メディクス
...洗礼は受けるだろうが、これら初参戦組にも可能性がある。
初参戦組でなくとも、物凄い下克上も起きるかもしれない。

で、こちら地元のJTサンダーズ、広島で応援するのは
日程や時間的にもかなり難しそうだ。
広島以外で観るチャンスがあれば乗っかりたい。

昨シーズンはファイナルで惜しくもフルセットで散ったので、
その借りも返したいだろうし、強いJTの復活を確かなものに。

GAORA SPORTSや、NHK-BS1での中継は出来るだけ観たい。
JT以外のチームも注目しどころは結構ある。
しかし大相撲が重なる時期は、ザッピングの応酬か。

ともあれ、スポーツ観戦が最も盛り上がるシーズンが来た。
くれぐれも大きな怪我や不正のないように、ひとつ。

「人んちで調理実習」シリーズはあったものの、それ以外の
旅に関する話は殆どしていなかったので、今更ネタも含めて
ボチボチと出してみましょうか。

こんなに速かったのか、君は


さて、9月から行ったり来たりしている場所は東京。
敢えて「お江戸」とか「テクノポリス」とか呼んだりもしていた。

で、写真のとは違うけど、新幹線で東京駅へ。
そこから在来線に乗って、更に...と言う道なのでございます。

1回目のお上りさんから戻る日が10月1日(水)。
実はこの日、東海道新幹線の開業50周年でもあったのだ。

そんな訳で、新幹線の改札口では限定のクリアファイルが配られていた。

変わりに変わったよなぁ

↑ 50年間の新幹線の変遷が一目瞭然。
そう、昔は「団子っ鼻」だったのが、一気にシャープになったよなぁ。
その分、速度も出るようになり、今では東京-広島間は最速4時間弱だとか。

久しく新幹線に乗っていなくて、しかも東京まで出ることが無かったので、
まさかこんなに速く着くものとは思いもしなかった。
高速バスだったら夜行でも半日以上かかりますぜ。

ちなみに「東海道新幹線」は最も西が新大阪駅。
そこから西は「山陽新幹線」で、そこで乗務員が交代になったり、
無線LANが使えなくなったり...あれこれ違いが出るものだ。

そうは言っても、大昔に乗った時を思えば快適になっている。
東京行きの「のぞみ」の場合、停車駅がかなり少ないので、
通過駅の近隣の方には申し訳ないが、それもまたありがたかったりもする。

そこは控えめですなぁ

↑ いえいえ、どういたしまして。

そんな訳で今回の東京行きは新幹線移動が常となっている。
2回目もそうだったし、3回目もそうだ。

1回目は緊張もあったが、2回3回となれば大分慣れてきた。
慣れてきたので新たな楽しみ方も出来た。

それについては、明日と明後日のブログにて。 

↑このページのトップヘ