このブログは、1年7ヶ月の沈黙を破って、
2013年12月から絶賛更新中の、4thブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな 』
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』 ← 今ここ。

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。

カテゴリ:日々雑感 > 怒れし若人の叫び

doTERRA

※ 写真はイメージです。doTERRA商品ではございません。

一応、こちらの写真はdoTERRAのものではないんだがね
...もうちょっとネーミングセンスは無かったものか、と思いつつ。
しかし、日本の感覚が強いからとは言え、商品が怪しい。

普通に考えて皮膚への影響が激しい精油の原液を
そのまま皮膚に使うってのも難がある訳だし、ましてや飲むとは。

で、色々と調べる中でWikipediaへと。
そこで不覚にも吹いてしまった。
引用文は全て、WikipediaのdoTERRAの項から。

 ユタ州オレムに本社を置き、精油や関連商品を商材として連鎖販売取引(マルチ商法)を行う会社である。

救いようが無いじゃないか、これ。
この1文を見たら買わないだろうによ。

で、更に読み進めると、どうしようも無い事態に。

 2013年8月、ヤングリヴィングは、ドテラが自社の企業秘密を盗み、違法に生産工程を再現していたとして提訴した。ドテラは報復として、ヤングリヴィングが研究所で違法で不正確な製品検査を行っているとして告訴し、誤った製品検査の内容を自社のウェブサイトに掲載した。2社の訴訟合戦により(中略)、インディアナ大学の化学教授Robert Pappas博士は、2社のオーガニック製品には合成物質が添加されていると証言し、100%天然とされた精油が偽和されていることが明らかになったのである。

何やってんスか、敵対業者も含めて。
どっちも「ガセ」と判明するとは...商品買った方は気の毒なり。

さぁ、どんな合成物質が含まれているのか。
いっそう危険な商品になっている可能性も否めないな。
「オーガニック志向」を上手く突いたようで突けていなくて、だ。

まぁ、別ブログなどに関連して「オーガニック」なるものの発想に
様々な思いがあるものでして...まぁ、マヤカシは不要だ。

でも、更に凄いことを言い出したようですぞ。

 ドテラが自社精油で治療可能と主張する病気は、エボラ出血熱、癌、自閉症、鬱病、子宮内膜症、アルツハイマー症、糖尿病、肝硬変、インフルエンザ、炎症など、非常に広範囲に渡っている。 

エボラ出血熱に勝つってどうですよ? 
それだったら国立衛生研究所あたりも持っているのか!? 
まぁそんなことも無いでしょうな。

そう言えば、精油って飲んだら肝臓に負担がかかるのでは? 
それで肝硬変が治るってのは...やっぱり普通じゃない考え方。

ただ、そう言う組織を利用しなくても、Amazonなどで売られている。
その値段を見て引いた...フランキンセンスが15mlで2万円近く!? 
生活の木だと100ml買えますな、オーガニックでも1万円しない。

どう言う基準での価格設定か、そしてコンセプトが何だかなぁ。

そんな訳で、どうにも使う気になれない商品。
ランクが相当低い100%天然の精油でも直接付けたら荒れるってば。
 
多分、アロマについて無知に等しい方が手にしているんでしょうな。
何とも嘆かわしい話だ。 

アロマテラピー。

掻い摘んで言うと、植物100%の精油を利用し、嗅覚や触覚などから
心身のバランシングを図る民間療法...と言ったところだろうか。

酷いもののダシにされるとは

アロマテラピーで「インストラクター」だ「セラピスト」だ、と言う資格を
持っている訳ではない(「アドバイザー」なら持っている)が、
「ある程度は知識を持つ人間」としての責務も感じている。

事実、仕事でも少々扱ったりする訳で。

そんな中、最近になって「アロマテラピー」とは無縁の知人が
急にその世界に走ったようで、ちょっと追跡してみると
何だか怪しいと言うか、完全にアウトだろ?ってものを発見した。

水に溶かして飲める!! 
肌に直接付けてもOK!! 

うん、日本での見解なら即刻退場だろうな、これ。

アロマテラピー検定を実施し、日本でのアロマテラピー普及に大きく貢献した
日本アロマ環境協会(AEAJ)は精油の取り扱いについて、

原液を直接肌に塗ったり、飲んだりしないようにしましょう 

と、公式ホームページで注意喚起している。 

肌に付ける場合は、キャリアオイルで薄めたり、塩やシアバターなどと
合わせたりするよう指示されていて、原液使用は認められていない。
飲用については薄めようが何しようがNGと言うのが公式見解。

それは、「精油」と言うものが植物の有効成分を凝縮したものであり、
高濃度であるが故に皮膚や内蔵などに炎症を起こす危険性を示してのもの。

私自身も実際に、誤ってグレープフルーツの精油を指に付けてしまって
痒みや荒れた症状を引き起こしたことがあるし、アドバイザー講習会で
猫に(希釈したものだが)使って皮膚炎を起こしたと言う事例も耳にしている。

海外で医療用に作られる精油もあるにはあるが、今回の商品が
医療用って位置付けでもないようだし、仮に位置付けられていても
自己責任になるものなので、これらの謳い文句はかなり危険だ。

じゃぁ、直接肌に使えたり飲めたり出来るってことで考えられることは
植物100%の精油ではない(水などで薄めている、実はジュースなど)って
可能性があるってことだよなぁ。

「認証機関で認められた高品質」と言うのも、あくまで自社基準で、
他社商品を審査した訳でも無さそうな雰囲気もサイトを見て感づいたわ。

しかし、タイトルにもあるように、その商品の名前が

doTERRA(ドテラ)* 

と来たもんだ...これからの時期に着ると暖かいね...って、こらこら。
 * 正式には"o"の上に横線が入る 

そりゃあ2chのスレッドでも

「ジュバン」とか「ユカータ」なんてのが出たりしてww
「コシマキ」に一票。 

って揶揄されたりもするわ。

で、そのスレッドにもあり、知人が手を出した結果として開設した
自身名義のオンラインショップを見て「マルチ商法」を確信した次第。

おいおい、そいつぁ困りましたな。

いくら「アメリカの精油だから」と言ってもOKとは言えない使用法で
尚且つ、マルチ商法の匂いがするとなれば、知人もご愁傷様だ。

仮にその使用法で炎症を起こすなどの被害が出た場合、
「飲める」「肌に直接付けられる」と言った文句が誇大広告となって
特定商取引法違反で確実に処罰の対象となるんだけどな。

実害が表面化しなければ、このまま暗躍するんでしょうかね? 
いずれにせよ、迷惑な話である。

しかし、"doTERRA"ってWikipediaにも項目があって読んでみたら、
まぁどうよ?って言いたくなる位の記述が出るわ出るわ。 

折角なので、明日にでも綴ってみましょうかね。 

それは栗コーダーカルテットのライヴから戻った時のこと。
ポストを見ると1通の封筒が入っていた。

まさか家にも!?

わー、かの有名なベネッセコーポレーションからだわ。

思うに対象となったのは「ウィメンズパーク」でしょうな。
例の事件前後で退会しているのだが、そこでの情報でしょうね、きっと。
「進研ゼミ」や「アビバ」などで世話になったこともないし。

文面通り受け取る訳ないさ

書面も何枚か入っていて、主たるものはこれでしょうな。
今後の策とともに、お詫びの品に関する情報などもありましたな。

しかし、お詫びの品の手続きも厄介だのぉ。
特設サイトにアクセスするか、郵送で行なうか。
しかも、方法の違いで請求できる商品も変わるんですと。

で、請求する品によっては発送時期も大幅に違うようで。
個人情報の削除(消去)を求めることも出来るのだが、
発送が遅いものを請求すると、その間は個人情報が生き続ける。

気味悪いって思う方も多いんじゃないかな、これ。

結局、その場で解決する品を選んで、念のためで
個人情報の削除にもチェックを入れて任務完了。

で、文中にもあって、別紙にも載っていた「子ども基金」も疑わしい。
お詫びの品の代わりにそちらへの寄付も選択肢にあったが、
実際に基金の方へと稼働するとは思い難いんだよなぁ。 

「基金」なるものが名目上のものであって、そちらを選ぶことで
「やーれ、無駄金を叩かないで済んだ」と向こう側で思ってんじゃないの?
...なんて歪んだ目でしか見られないのですよ、一連の対応からして。

本当に善意で動くと良いですね...冷めた口調にはなりますが。

尚、この通知は「漏えいが確認された情報1件に対して1通送付」ですと。 
ベネッセにお世話になっていた度合いがつよければ、同じ人でも
複数届く場合がある可能性も高いですわね。

自分宛てには恐らくこれ以上届かないと思われるが、
届く度に辟易してしまう方も少なくないでしょうな。 

今日は大真面目にお話しよう。

また今年も暑いのだろう

8月6日は、こちら広島に原子爆弾が投下された日。
2014年の今年で69回目だ。

被爆体験と、その当時の記憶を持つ方は70歳を超える。
時々、平和記念公園を通るが、語り部さんの老齢化は著しい。

ある日のこと、公園を横切って街へを出ようとしたところで信号待ち。
歩車分離式の信号で、目の前を横切る車道が青という状況。
信号が変わり、今度はもう一方の自分が進む方向の車道が青に。

ようやく横断歩道が青信号になり、歩行者と自転車が渡っていく。
そこで、修学旅行の中学生に話をしていた語り部さんがひと言。

「最近は原爆の話もなんだが、交通ルールも説かんといけんとは...」

そう、横断歩道は歩行者が渡るもの。
自転車は車道の信号が青の時点で渡っていないといけなかった。

「自転車は車じゃけぇ、歩道を渡りよったらいけんのんよ...」

明らかに「語り部」の範疇を超えており、こちらも心中察する次第。

不謹慎ではあるが、語り部さんも永遠に語り続ける訳ではない。
どこかで誰かがバトンタッチすることになるだろう。
果たして体験のない世代が上手く引き継げるものだろうか? 

ずっと広島で生きてきて、事あるごとに平和教育を受けてきた
...それでも代わりを務められそうにない。
これは自分に限ったことではないだろう。

原爆投下から日が経つにつれ、益々そうなることは間違いない。 

しかし、原爆投下は「知らない」では済まされない事実。 
自分なりの史実を歪めない伝え方になるのだろうか。

あの一件以降、そう言った思いがどこかで巡るものだ。

午前8時15分...もし、お時間許す方は黙祷を。
そして、その地に赴かれる方は、どうか
「祈念」という思いを抱いていただけるとありがたい。 

以前お話しした通り、これも含めて4つのブログを運営中。
既に更新を止めたブログを含めると8つは閲覧出来る状況。

それぞれにご覧いただく方があるのはありがたいのだが、
今年に入って、3つのブログで「無断転載」されているが発覚したのだ。 

まぁ「無断転載を禁ず」とは書いていないから、どこかで引用されたり
リンクされていたりって言うのは把握していたんだけど、
今年に入って明らかなルール違反が見つかっている。 

これぐらいの勢いで尋問したいわ

↑ 「証拠は上がっているんだ、さぁ白状しろ」とでも言いたいわ。

まず仕事用のブログ。
消費増税を受けて値上がりするものの料金をまとめてUPしたら
無断でそのまんまコピペした奴が続出!! 

他の文章はMSゴシック、料金のところだけ私が使うメイリオ
...フォントの違いが「無断転載しましたよー」のサインとなった訳だ。
しかも値上がりする品を売り出している大元のHPでも行なわれていた。

何だよ、ホント...「分かりやすかった」と思っていただけるのはありがたいが、
こっちが慎重を期して書き上げた記事をまんまパクるってのはどうよ!? 

それは「シェア」でも「"Win-Win"の発想」でもない、「窃盗」やで。 

「窃盗」と言えば、チャリティーで参加しているグループのブログでも
こちらが撮影した写真をメンバーが無断で自分のブログに...ってことも。
出典元も明かしてくれなかったから、余計に腹立たしいのだ。

「あるブログで」位、言ってもらっても良いのですが。

しかし、その量・質ともにズバ抜けているのが『歩む道』でしょうな。
URLが見える状態で貼っているケースも結構あるのだが、
明らかにこちらの文章をさも自分の意見のように書く輩も居るんだな。

取り上げている品と順番が4年前のこちらのブログと丸っきり一緒って
...どう考えても「パクり」でしかないよな。

あと『歩む道』に限って言えば、転載した挙句、解釈が間違っていたり
読み手が完全に誤解したり...って言う仕上がりなものも複数見かけたわ。

そんな記事経由でこちらのブログに入られる方が多い。
そうなると、そこへのフォローをこちらからしなければならない状況に。
正式に「無断転載・複製禁止」を掲げないといけないのかねぇ。

実は明日更新の『歩む道』は、無断転載禁止となっているHPに
許可を得て掲載するものがあるんだよね。
これを無断転載されるとなると...転載元も相当な事態になるのだが。

しかし、いくら「無断転載・複製禁止」と掲げても、ブログは効力薄い。
そりゃそうだ、ここの場合、著作権はlivedoorさんにあるから。

そうなるとWord Pressに移行するとかHPを立ち上げるとかになるが、
果たしてそれが真っ当な手段なのか...。

暫く悩むところだし、これは様々な方の意見を乞いたいところ。 

そんな訳であれこれ考える訳だが、1つ安心できることがある。
それは、このブログの無断転載はございませんってこと
...ってか、する価値もないやろ、ホンマ。  

↑このページのトップヘ