このブログは、1年7ヶ月の沈黙を破って、
2013年12月から絶賛更新中の、4thブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな 』
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』 ← 今ここ。

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。

カテゴリ:日々雑感 > 怒れし若人の叫び

アメブロからライブドアブログに戻ってきました。
元々使い慣れているのもあるけど、自分向きだなぁ。

で、前回、アメブロの合わない点を書き出しました。
今回は入力に関わる8個の理由をまとめてみます。

 改行が素直じゃない 
ライブドアブログは、Enterキーだけで改行できます。
アメブロは、Shiftキー+Enterキー…という厄介さ。
Shiftキーを押し忘れると、ツメツメの文章になるとは…。

 操作ボタンが少なすぎて出来ることが少ない 
「あれっ? Twitter検索と貼り付けは出来ないの!?」
「文字色、そ、それだけ!?」…他にもアメブロには不足あり。

 操作ボタンが離れているので結構迷う 
ライブドアブログはともすれば、ボタンが密集しすぎかもしれません。
でも、アメブロは写真・絵文字などが他のボタンと全然違う位置に。
それはむしろ面倒な話です。

 予約投稿時、TwitterやFacebookとの連携ができない 
これ…結構、不便ですよ。
ブログの記事を出来るだけ多くの方に見て貰いたい時は特に。
常にリアルタイム更新が求められるのもなぁ。

 ある程度HTMLタグを知っていないと体裁が崩れまくる 
例えばYou Tubeのページから動画を貼って記事を書く時。
動画は記事の先頭に貼り付けられますが、この際
先頭に文を書こうと思ったらHTML表示で<br>と打たないといけません。
ご存知の方には問題ではないですが、初心者には酷な話です。

 禁止コードが多すぎる 
先ほどで「Twitterの貼り付けは出来ないの?」と書きました。
実際にはTwitterが持つコードが禁止コードなので貼れません。
それ以外にもJavascriptなどが禁止に…これを痛手と仰る方多いですね。

 絵文字が可愛くない 
何ですか? あの玉葱のような人物画。
あれを乱発されるとブログを読む気が失せます。
(※ あくまで個人の感想です)

 メンテナンスが多すぎ・長すぎで更新がままならない 
月に2度、6時間にも渡るメンテナンス…ピグのせいとは言え。
私、ライブドアブログを使ってトータル7年以上ですけど
メンテナンスで入れなかったの、1回だけですよ。
しかも6時間もしていなかった筈ですが。

という状況なのです。
そうなるとアメブロは気軽そうに見えて、しんどく感じられます。
 
でも、自分の感覚ですが、まだまだマズい理由があるんです。 
それは次回(後編)で綴っていきます。 

1年7ヶ月振りのご無沙汰…うん、イイもんだ。
皆勤賞は思わないけど、ぼちぼちやって行こう。

さて、その間ブログを一切しなかった訳ではありません。
ライブドアブログには、ずっとお世話になっていました。

『カフェインアレルギーの歩む道』は定期的に更新。
仕事用のブログもこちらで更新しています。

実は仕事用のブログで実験的にアメブロに登録。
でも総合的に見てライブドアブログに軍配。

せっかく登録したのに勿体無いな…という訳で
ザレゴトブログにして、ピグで遊ぶ用に使うことに。

しかし、ザレゴトブログにしたところで、やっぱり

メリットうっすいなぁ

…というのが正直なところです。 

 ピグは程々の線を守れば楽しいけどね。
ブログは…自分にはビックリする位合わなかったな。

合わないポイントは全部で8個…入力の面では。

 改行が素直じゃない 
 操作ボタンが少なすぎて出来ることが少ない
 操作ボタンが離れているので結構迷う 
 予約投稿時、TwitterやFacebookとの連携ができない 
 ある程度HTMLタグを知っていないと体裁が崩れまくる 
 禁止コードが多すぎる 
 絵文字が可愛くない 
 メンテナンスが多すぎ・長すぎで更新がままならない

でもって、それ以外にも9個…。

 広告が多すぎる 
 芸能人ブログや自社サーヴィスへの誘導も多すぎる 
 意味不明な「ペタ」「コメント」「検索」も多すぎる 
 PV数もUU数も明らかな「水増し」 
 アクセス解析が午前8時にしか更新されない 
 どの記事に訪問があったのか分かりづらい 
 「読者になる」制度の悪用がある 
 代わり映えしないブログが多い 
 スマフォ版は切断どころか接続自体出来ない事が多い 

…書いていて量の多さにウンザリしました。

でも、ここまで書いたのなら、その理由も書こうじゃないか。
次回その次とで詳しく説明しましょう。 

↑このページのトップヘ