それは栗コーダーカルテットのライヴから戻った時のこと。
ポストを見ると1通の封筒が入っていた。

まさか家にも!?

わー、かの有名なベネッセコーポレーションからだわ。

思うに対象となったのは「ウィメンズパーク」でしょうな。
例の事件前後で退会しているのだが、そこでの情報でしょうね、きっと。
「進研ゼミ」や「アビバ」などで世話になったこともないし。

文面通り受け取る訳ないさ

書面も何枚か入っていて、主たるものはこれでしょうな。
今後の策とともに、お詫びの品に関する情報などもありましたな。

しかし、お詫びの品の手続きも厄介だのぉ。
特設サイトにアクセスするか、郵送で行なうか。
しかも、方法の違いで請求できる商品も変わるんですと。

で、請求する品によっては発送時期も大幅に違うようで。
個人情報の削除(消去)を求めることも出来るのだが、
発送が遅いものを請求すると、その間は個人情報が生き続ける。

気味悪いって思う方も多いんじゃないかな、これ。

結局、その場で解決する品を選んで、念のためで
個人情報の削除にもチェックを入れて任務完了。

で、文中にもあって、別紙にも載っていた「子ども基金」も疑わしい。
お詫びの品の代わりにそちらへの寄付も選択肢にあったが、
実際に基金の方へと稼働するとは思い難いんだよなぁ。 

「基金」なるものが名目上のものであって、そちらを選ぶことで
「やーれ、無駄金を叩かないで済んだ」と向こう側で思ってんじゃないの?
...なんて歪んだ目でしか見られないのですよ、一連の対応からして。

本当に善意で動くと良いですね...冷めた口調にはなりますが。

尚、この通知は「漏えいが確認された情報1件に対して1通送付」ですと。 
ベネッセにお世話になっていた度合いがつよければ、同じ人でも
複数届く場合がある可能性も高いですわね。

自分宛てには恐らくこれ以上届かないと思われるが、
届く度に辟易してしまう方も少なくないでしょうな。