このブログは、1年7ヶ月の沈黙を破って、
2013年12月から絶賛更新中の、4thブログです。

 1st『今日のにゃんこ』
 2nd『蓼食うにゃんこも好き好き』
 3rd『拙者、御主が斬れるかな 』
 4th『果てしなき「タワゴト」「ザレゴト」』 ← 今ここ。

この他にも『カフェイン不耐症の生きる道』(ド短命で終了)、
『カフェインアレルギーの歩む道』(大絶賛更新中)などがあり、
正直、訳分からない事この上ない中で暴走中。

※ 動画が予告なく削除される場合がございます。

タグ:ZenFone5

ZenFone5は良い子だ。

赤買った意味は...。

純正ではないがケースが届き、元々「赤」なのに「白」電話となった。
これもまた面白いものだ。

で、この子においてビックリさせられるのが「電池の持ち」。
余り派手に使わなかったら、1日経っても残量80%あるもんなぁ。
スマートフォンでこれは優秀過ぎるだろう。

しかし、一時期は全くもって電池が持たない子でもあった。
その時は1日経たない時点で残量17%で冷や汗をかいたものだ。

でも、プリインストールアプリで明らかに使わないものを無効化したり、
挙動が怪しいと思われるアプリをアンインストールしたら見事に回復。

私の場合、電子書籍を利用しないので、それ系統は無効化。
チャットアプリやFacebookなども無効化へと。
電池の持ちと同時に、容量の面でも良かったと思う。

アンインストールしたのは「高級タスクマネージャー」や
"Juice Defender"と言ったもの...ん? それは要るアプリでは!? 

でも実際のところ、本体にメモリ解放やキャッシュクリア機能がある。
そっちでほぼ対応できるので、要らないと言えば要らないアプリだ。
2つとも切って問題無い...と言うか、入れていたら問題だわ、これ。

ちなみに、常に起動している"050 plus"は電池食いではない様子。
通話自体、音の遅れがあるものの、問題なく使えている。

しかし、アプリは問題なく使えていても、そこに入る電話の中に
SEO対策の企業のものがあって、それが何を思ってか
こっちが電話を取った瞬間に切ると言う、訳が分からない事態も発生中。 

何がしたいんだか。

しかし、ZenFone5さんの「スマートフォン」としての機能は十分すぎる。
そうなると、冗談抜きでもう1台追加したい。

ガラケー(INFOBAR2)に見切りを付けて、音声通話SIM入れようか。
そこに通話アプリを入れれば、無料通話が無くても元が取れそう。
OCNモバイルONEとNexus7には申し訳ないが、それが効率的だ。 

そもそも、キャリアメールも見切りを付けたいからなぁ。

そうなったら32GBのを買おう、16GBと4千円位しか違わないし。
手持ちのZenFone5用には16GB のマイクロSDを買ったけど、
この度、ダメスマフォ(INFOBAR A01)の8GBマイクロSDも完全に空いた。 

ヤバい、契約更新の時を見ずして切り替えるかもしれんぞ。

それにしても期待以上のできのZenFone5さん。
周辺でも「乗り換え」を目論んでいる方もちらほら。
個人的にはZenFone5を薦めない理由なんぞ、ありませんな。 

【第6話】はこちら。

何だかんだでZenFone5がやって来て1週間が過ぎた。

ケースに入れたら拝めないが

まさかまさかの「初日からの初期化」に見舞われど、 概ね良い働き。
まぁ、比べる物が物ではあるが、”INFOBAR A01"を思ったら...ねぇ。
INFOBARシリーズでは無いものの、持つ楽しさのあるデザインも惚れた。

で、一応、好みもあって赤を選んだのだが、ケースは敢えて白にしている。
ここのところの傾向で、無彩色(白、灰、黒)のものを選びがちだな。
そうじゃないと仕事が成立しない面もございましてね。

しかし、ケースは中々届かなかったな。

そして、容量シェアで使っているSIMカードも、今のところ範囲内で利用中。
特に容量を増やそうと思わないし、現状では不満もないな。

さて、私も初級者から少々背が伸びた位のユーザーだと思っているので、
様々な機能をテストしながら使い倒すということはしないのだが、
派手な使い方をしなければ不満もそんなに出ない端末だろうと思っている。

あ、蓋の開けにくさと初期化の問題はあるな。
これは私に限ったことでは無いので、これから導入される方はご注意を。

何度も点灯したり、常に稼働していないといけないアプリをたくさん積めば
そりゃあ充電の減りも早いでしょうな...でも、Twitterなどでも見る限り、
「1日で充電がピンチ」と言う書き込みは殆ど見ていないし、自分もそう。

スマートフォンは2年持ったら御の字と思っているので、それくらいは
頑張って欲しいところだね。

で、業務用電話としての働きは?と言うと、メールチェックが素早くなり、
返信などの対応も相手をそんなに待たせずにできるようになってきた。

電話そのものは大してかかっていないが、悪い業者から解消されつつある。
仮にかかった場合は、敢えてその番号を登録して次回からは取らないという
対応もできたりするので、そういう面でも良かったのかな。

音質は...余り贅沢を言えないけど、だからって滅茶苦茶悪いって訳でもない。

あと、1番働くのはTwitterで、今まではブログの更新時に連動ツイートが
飛ぶってのが殆どだったけど、今は瞬時にこちらの思いなどを呟ける。
稼働ペースも格段に上がって、情報の質も量も良くなったと自負している。

ZenFone5に限らず、SIMフリー端末を業務用電話にすると言う選択肢は
間違っていないと思う...特に業務メールがGメールの方は。
個人用に使っていても、アプリなどを通じて通話料の切り離しも簡単だ。

やぁ、いきなり3万円近く出費するも、痛さを微塵も感じないな。
ってか、キャリア端末だったら6・7万円なんて当たり前だもんな。
経費削減策でも有効だと思われまする。

この調子で順調に働いてくれるなら、個人の電話もZenFone5にしたい。

今使っているINFOBAR2も、7年前の機種で部品保有期間も終わっている。
壊れたり電池が無くなったりした時点で嫌でもお別れなのだ。
その時は音声通話対応SIMカードとMNPで対応させようかな。

そうなったらNexus7もお役御免になってしまうのだが。

ともあれ、今年2月のSIMフリー端末投入から、あれこれ事情が変わり、
その分、面白い要素も増えていった日本のSIMフリー市場。

そうなると、SIMフリーと言うものが余り知られていない現状はどこか
憂うべきところでもあるし、逆に知っている者の優位性も強いのだろう。
ただ、何の情報も無しに飛びつくのは、いささか危険だったりするけどね。


ひとまず、おしまい。 

【第5話】はこちら。

半ば奇跡と言って良い状態でZenFone5がやって来た。
しかも1番欲しかった、レッドで16GB...探す苦労も吹っ飛ぶものだった。

いよいよ「開封の儀」。

ホント、無駄が無いですな。

いきなり本体が現れるのでビックリもしたが...これがZenFone5か。
その下に取扱説明書やUSBケーブルなどが入っている。

ひとまず充電しないことには全く事が動かないことは折り込み済み。
充電の間に050plusの手続きをして、IP電話の情報もメモ。

充電は思ったよりも速く、3時間程度でフル充電となった。

ではSIMカードを入れよう...うっ、裏蓋が固すぎる。
これも事前に情報を仕入れていたが本当に固すぎて、爪が何層かめくれた。
そしてその際にボタンに触ってしまい、思わず電源オン...暫し待たれい!! 

で、電源を切って苦戦して、ようやく裏蓋が開いた...よく傷が付かなかったよ。

今回はエラく違いますなぁ

今回はこの中に入っているSIMカードをば。
SMS対応のマイクロSIM...後で分かったが、セルスタンバイ対策の面でも
SMS対応にしておいて正解だった。

これまた若干、入れるのに難儀し、再度、蓋の取り付け。
ここまでで何度、変な汗をかいてしまっただろうか。

で、改めて「開通の儀」。

Androidなので、最初にGoogleの設定をし、初の「ASUSアカウント」も設定。
Wi-Fiの設定も、Nexus7(2012)のことを思えば何てことはない。
プリセットされているお陰で、OCNの設定も特に必要なかった。

祝・開通!! 

そして050plusとOCNモバイルONEのアプリをダウンロードし、
設定を済ませたところで悲劇が。

Googleアカウントが弾かれる!! 

一部は対応するのだろうけど、Google Playを始め、Gメール、
カレンダーなどの同期ができなくなり、 Androidとしての機能を
ほぼ失った状態になってしまったのだ。

実はこれが起きたのがASUSのソフトウェアのアップロード後。
それまでは何てことなく使えていた訳だ。
あれこれ手を尽くして残される道はただ1つ。

初期化(;つД`) 

Nexus7の時にも心を鬼にしてやった苦肉の策。
初日早々からどうか?と思ったが、もうこれしかないだろう。
ただ幸いにも入れたアプリは2個だけだ。

そんな訳で初期化を実行、再びアカウントを設定したら見事解決。
Google PlayもGメールも普通に使えるようになった。 

で、よくよく考えたら「ウィルスソフト」を入れていなかったので、
今度はそれからダウンロード...そして先の2つのアプリに
Twitterに...これで、ほぼ基本の設定は終わったぞ。

その後は何事も無く動いているZenFone5。
入れるアプリによって差は出るが、電池の持ちも思ったより良好。
いわゆる「ヌルヌル・サクサク」の動きをしているように思う。

ただ、プリインストールアプリで結構な容量を使っているので
16GBだとヒヤヒヤする方もあるかもしれない。
4千円が惜しくないなら32GBの方が良いと思う。

同モデルでも楽天モバイルの8GBって悲惨だぞ、ホント。 
いくらマイクロSDカードが使えても、補填できるものに限りが。

そんなこんなで無事に「業務用電話デビュー」を果たした。
暫くの間、頼んだぞ。


【第7話】でいったん最終回。 

【第4話】はこちら。

業務用の固定電話(通称: シャア専用電話)が壊れた当日。

次の電話機をSIMフリースマートフォンでもあるZenFone5に、
SIMカードは既に持っているOCNモバイルONEの容量を
シェアするプランにし、「050plus」アプリを入れることに決定。

OCN側の手続きは当日中に終了。
2日後には到着すると言う仕事の早さだった。

時同じくして中国の店からYahoo!ショッピング経由でケースも発注。
海外ではZenFone5が既に発売されているから、こんなこともできる。

ただ、日本版は若干薄く作ってあるので、ピッタリ合わない
可能性は頭に置いておくこと、そして気長に待つことをお忘れなく。

そうなると、いよいよZenFone5本体の注文だ。

しかし11月8日(土)発売で、その日に発送ってどうなんだろう? 
何しろ元々の電話機が壊れているのだから、余り悠長に
待ち続けるのもどうか?と思ったりなんぞ。

一応は中国地方最大都市と言われる広島市に住んでいる。
家電量販店も多少なり大型店舗になるだろうけど、どこまで
信頼を寄せられるかが皆目見当付かない。

これはちょっとした駆け引きか? でもここは敢えて
この地の家電量販店の意地ってものを見ようじゃないか。

で、発売日当日。

最初に向かったのはLABI広島(ヤマダ電機)。
病院に行った関係で開店時間を過ぎての到着。

ひとまずPC売り場に行って店員を呼んで聞いてみる。
しかし商品自体が全く知られていないのか他部署とのやり取りが
5分以上かかる始末。

SIMフリーでスマートフォンなら...と売り場に案内されるも
そこには全く無くて撃沈。
他部署を呼んでも誰も出ない上での苦肉の策で、これだった。

続いて、エディオン広島本店。
こちらは、ちょっとしたASUSコーナーがあるので、そちらに向かって
店員さんを呼んでみる。

すると「スマートフォンなら向かいの建物だろう」と案内が。
「だろう」ってのが引っかかるが、取り敢えず向かう。

すると、ブラック以外のモック(見本)を発見。
値札もあるので販売もあることは分かった。
あとは店員を呼んでお買い上げのみだ。

しかし、どうしたことか、コーナー近辺に店員が居ない。
仮に「あ、客だ」って目で見ても近寄ろうとしない者ばかり。 
そんな状態が10分以上続き、業を煮やして店を出た。

その頃には11時目前だった。

次に向かったのはSofmap広島店。
開店と同時に入るものの、店員から声がかかり聞いてみるも
「取り扱いがないもので」と、あっさり撃沈。

しょうがない、またエディオン広島本店に戻るか。
待たされたという気分の悪さがあるが、 背に腹は代えられぬ。

すると今度はASUS担当スタッフが間近に!! 
何だ、11時からの勤務だったのかい?...ともかく、モックを手に持って
「これの赤ください」でお買い上げ。

「端末は3万近くしますけどいいですか?」
「SIMカードはお持ちですか?」

複数の店員に散々っぱら聞かれるが、「大丈夫です(*´▽`*)」と。
こうして、無事にZenFone5が我が家にやって来た。

ZenFone5(レッド 16GB)

ここ最近のは分からないが、キャリア端末の半分も無さそうな大きさの箱。
しかし、3店舗中1つにしか無いとは、広島のSIMフリー事情もまだまだか? 
そして、32GBの取り扱いは当日の時点でゼロ...これは本当に難儀するぞ。

幸い、赤で16GBと決めていたので、上手く買うことができた。

では、本体を充電している間に、050plusの手続きを済ませて、
いよいよ設定だ...は良いが、ここで、思わぬトラブルに見舞われた。


【第6話】につづく。
 

【第2話】はこちら。

ASUS ZenFone5

…世界的に人気を博したSIMフリースマートフォンで、日本では
デュアルSIMこそならなかったものの、ATOKを標準装備するなど
腰が砕けそうなほど高性能を誇る機種でもある。

これを敢えて業務用電話にしようとしている自分が居た。

このブログに毎日ご訪問いただく方はご存知かと思うが、
ここ最近は長く家を空けることがあり、そんな状況での固定電話は
見事に仕事放棄を意味するものでもあった。

転送するってのも中々に難があるものでして。
そうなると、スマートフォンを始めとしたモバイル機器の方が
安定して電話を取れると言えるだろう。

しかし、キャリアは端末も基本使用料も通話料も高止まり。
そうなると、SIMフリー端末が本当にお利口さんに見えてくる。

電話だけを言うのであればSIMフリーガラケーでも良い。
最近は音声通話SIMカードも数が増えているもんなぁ。
しかし、そこはスマフォにこだわってみる。

理由は2つ、GメールとTwitterだ。

これは普通に使えてる

実は業務用メールをGメールにしており、Android端末なら
どのみち登録しないといけないアカウントを合わせることで
スマフォで素早く見ることもできるって公算なのだ。

更に業務用のTwitterアカウントを持っているので、
スマフォにアプリを入れて、そこからツイートなんてことも。
中々活用し切れていなかったので、これで陽の目も見よう。

よってSIMフリースマフォに決定。
値段も機能も申し分ないことが既に証明されている機種なので
ZenFone5を業務用電話に...なんて思えた訳だ。

ちなみに通話機能は音声通話SIMではなく、050アプリにて。
音声通話SIMは最低利用期間があって、ためらうところがある。
それに今使っているSIMカードが良すぎるものでして。

さて、端末が1つ増えるとなれば、SIMカードももう1枚要るな。
普通に店でSIMカードを買おうとしていた矢先、思わぬ情報が
目に飛び込んできたのであった。


【第4話】につづく。 

↑このページのトップヘ